So-net無料ブログ作成

【大阪市長選 2014】 結果は橋下徹氏、再選!! そもそも『大阪都構想』とは?? [政治]

2014年3月23日投開票が行われた大阪市長選

『大阪都構想』を巡り、
橋下さんが市長を辞職したことに伴って行われました。

橋下徹0.jpg

橋下さんは2度目の当選を果たしましたが、
投票率は23.59%、
過去最低という結果に。。。

また、大阪市選挙管理委員会によると
無効票が、投票全体の13%を超える約67,000票

この中で約45,000票は、投票用紙に何も書かれていない白票だったようです。


与野党からは、

「選挙を行ったところで、市議会の構成は変わらないため、 『大阪都構想』を取り巻く状況は何ら変わるものではない!!」

ということで「大義がない」とし、
橋下さんの今回の行動を批判しています。

大阪市議会.jpg

橋下さん自身は、選挙前、
大阪都構想をさらに進めようと
都構想案を1つに絞り、議論を深めて行こうとしていたんですが、

応援してくれていると思っていた公明党が
まさかの反対にまわったため

「このままでは大阪都構想が頓挫してしまう…」

「市民の方々の後押し、  また、タウンミーティングなどで  大阪都構想を理解してもらいたい。」

「3年前に都構想の設計図作りだけはやってもいい という民意を得たはずなのに それを止めにかかった大阪市議会に対して、 嫌なら僕を落としてくれたらいい。」
 
 
という想いがあり、
今回の出直し市長選を行ったとのことです。



大阪市長選挙の開票結果は以下の通りです。

大阪市長選 結果.jpg

橋下さんは今回の選挙に際し、

『大阪都構想』ってそもそも何なのか??
を市民の方々にさらに知ってもらおうと
色々なところでタウンミーティングを行いました。



今現在、約260万人という規模の大阪市

オスカービルの弁償金280億円、オーク200の弁償金700億円など、

そういった無駄なお金の使い方を止めるには
大阪市を区分けすることで
区民の監視がしっかりと行き届くようにすること。

また、ホテルなどの施設の建設を決定するのは
市ではなく大阪府がすること。

市は、医療・福祉・教育に徹すること。

橋下徹1.jpg

そういった大阪都構想の解説を

橋下さんがタウンミーティングで語ってらっしゃいます。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。